一般の電球との違い

一般の電球との違い 一般の電球は部屋を明るくするものが大きな特徴ですが、NDIRセンサー用ランプのNDIRは非分散型赤外吸収のことを意味していて、色々な種類のガスが持っている特有の赤外線吸収の波長を活用して計測する機器に使う部品です。
一番の特徴はNDIRセンサー用ランプは、フィラメント位置精度と赤外線量の安定性の高さが優れていて、正確な結果が必要な自動車の排気ガスの測定や冷媒、温室効果ガスを計測するときにも使われてます。
ガスや火災検知、飲酒運手を調べるアルコール検知器、車内や室内環境のモニタリングにも使用されていて、正確性と迅速性があるので様々な検測で需要が高まってます。
反応するまでの速度が速いことは優れた技術力が使われている証でもあり、その点を理解してから最適なランプを選ぶ必要があります。様々な厳しい環境でも耐えられるように設計されていますが、これは設置される場所の環境は危険を伴うことが多い現場も少なくなく、素早い反応が出来るランプの存在が必須なためです。

NDIRセンサー用ランプでコスト的に有利な光源

NDIRセンサー用ランプでコスト的に有利な光源 一般的には、白熱電球はLEDランプのよりも変換効率が低く、デメリットとなることが多いのですが、NDIRセンサー用ランプの場合には赤外領域の変換効率を比較することになるので、白熱電球の方が優れています。
NDIRセンサーは、赤外出力が高いほど、ガス濃度測定を高精度にできるという特徴があるので、赤外波長域の出力が広範囲で精度が高くなることが期待できる白熱電球を利用するという訳です。
NDIRセンサー用ランプに白熱電球を使用することによって、短光源でシステムが構築できたり、安定的に測定することができるので、システム全体の低コスト化にもつながることは大きなメリットです。
LEDを使う方がコスト的なメリットがあるように感じる人が多いと思いますが、LEDの場合には精度を上げるために複数の光源を使う必要があり、精度的にも白熱電球に及ばない波長域となります。
交換の時にも光源の金額と個数が多く必要になるため、総合的なパフォーマンスが劣るということです。

新着情報

◎2023/4/17

情報を追加しました。


>NDIRセンサー用ランプ の寿命と交換について
>NDIRセンサー用ランプのレンタルを利用することの利点
>NDIRセンサー用ランプの特長とメリット
>NDIRセンサー用ランプのデメリットと注意点
>NDIRセンサー用ランプのトラブルについて考える

◎2020/2/17

一般の電球との違い
の情報を更新しました。

◎2019/10/30

白熱かLEDで赤外線を放射し測定
の情報を更新しました。

◎2019/6/26

NDIRセンサー用ランプ
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

NDIRセンサー用ランプの応答速度
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRセンサー用ランプの使用環境
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「センサー コスト」
に関連するツイート
Twitter

要するに解除できるが意図的に解除設定を行う必要があるってだけで、ほとんどの人はそのまま使うみたいな。GPSの信頼性って高くするとコストすごいのかな。なら前後方物への距離をセンサーで測定し、1秒内に到達する距離を元に最大開度をリアルタイム変化とか。釜堀や煽りも防げる気がするがなあ。

こういう専用設計ばかりじゃコスト面でアレだから汎用機にも使えるようアイセンサーと照準器をブースター利用するための覗き込み動作とかそういう考え方をしていきたい

センサー制御、パススルーとSLAMはVision側でやってくれるならiPhoneでも対応できそう。 でもそうなると両方のバッテリーを意識して使わないとダメだし、コスト削減効果はイマイチだし、そもそもVisionProの時にその構成は検討して却下したと聞いてる。

コスト3の回復回折音該っていないんですか? (´;ω;`)/ 金夜からさっきまで狩続けて1匹も出ない… もう毎日狩尽くしてる、、、 物欲センサーが強すぎる、、、

6型後半台の大きさのスマホが一般的になり ペリスコープ型光学経路も再び搭載され始め、 いっそ右上隅及び左上隅カメラレンズ2個で標準機能的に3Dカメラスマホにならんかな? 将来的なAR絡みで距離センサー目的にも付いていたほうが良いような気がする。 コスト面と「今日」受けるかは又 別だけど。