NDIRセンサー用ランプの応答速度

NDIRセンサー用ランプの応答速度 NDIRセンサー用ランプの需要が高い理由の1つとして、応答速度の速さがあげられます。自動車の排ガス測定やガス・火災検知などの状況では、素早い応答速度が大切です。反応するまでの時間が長いと、その分だけ危険を伴う可能性も増えていきます。そしてNDIRセンサー用ランプは応答までの時間の短さを求める人々のニーズによって誕生している商品です。
反応までの速度の短さには、高い技術力が詰まっているというのもNDIRセンサー用ランプにおける特徴の1つです。技術力の決勝という点を理解したうえで、適した形でNDIRセンサー用ランプを利用できるようにしましょう。また興味がある方は、どのような現場で活用されているのか調べてみるのも1つの手です。自動車の排ガス測定やガス・火災検知のほかにも、冷媒ガス計測などの現場でも活用されています。特にガスの扱いは危険を伴うことが多いからこそ、素早い反応が可能なランプの存在が欠かせません。

光源用ランプと比べてNDIRセンサー用ランプにはどのような特徴があるか

光源用ランプと比べてNDIRセンサー用ランプにはどのような特徴があるか NDIRとは、Non Dispersive InfraRedの略で、非分散型赤外吸収のことを意味しています。それぞれのガスが持っている、特有の赤外線吸収波長を利用した計測方法に使用されています。この理論を利用したランプがNDIRセンサー用ランプですが、一般光源用ランプと比べて様々な特徴があります。
まずNDIRセンサー用ランプには、フィラメント位置精度と赤外線量の安定性の高さという特徴があります。安定性の高さから、正確な結果が求められる自動車の排ガス測定や、冷媒ガス・温室効果ガスの計測などに用いられています。また、一般光源用ランプと比べて、応答速度が速いという特徴もあります。応答速度が速いことから、迅速な反応を必要とするガス・火災の検知や、飲酒運転を調べるアルコール検知、車内・室内環境のモニタリングなどにも使用されています。正確性と迅速性という特徴から、NDIRセンサー用ランプの需要は高まりつつあるといえます。

新着情報

◎2023/4/17

情報を追加しました。


>NDIRセンサー用ランプ の寿命と交換について
>NDIRセンサー用ランプのレンタルを利用することの利点
>NDIRセンサー用ランプの特長とメリット
>NDIRセンサー用ランプのデメリットと注意点
>NDIRセンサー用ランプのトラブルについて考える

◎2020/2/17

一般の電球との違い
の情報を更新しました。

◎2019/10/30

白熱かLEDで赤外線を放射し測定
の情報を更新しました。

◎2019/6/26

NDIRセンサー用ランプ
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

NDIRセンサー用ランプの応答速度
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRセンサー用ランプの使用環境
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「ガス 計測」
に関連するツイート
Twitter

万博協会「メタンガス」への安全対策を発表

返信先:他1ガス濃度の計測も、換気も事故前から行われてましたよ。 事故が起きた後に再度徹底となったはずです。つまりは当たり前の事です。 でも事故が起きた事は参加国に知らされていなかったようです。 どこが丁寧に感じられたのでしょうか?

万博会場「メタンガス」基準値超え76回検知 安全に支障きたす濃度 パビリオンが立ち並ぶエリアでも メタンガスが基準値以上が頻繁に計測されている場所での万博開催も『非常識』。爆発したらどれほどの被害が出るのか? 今からでも『中止』にすべき!

生体ガス計測と高感度ガスセンシング《普及版》 (バイオテクノロジーシリーズ)

今日も早朝から毒用ガスが基地から住宅に混入する。息も止め窓を閉め切る。気温も30度超えるので喚起が必要ですが沈黙しかない。爆音は測定できるが毒用ガス計測できず町も沈黙 基地害は今は改善し植民地時代は扇風機の羽が激しく回転した遊びがあった。