白熱かLEDで赤外線を放射し測定

白熱かLEDで赤外線を放射し測定 ガスの濃度を計測したい場合には、ガスが充満した空間に赤外線を通過させ、その量をセンサーで読み取ることで濃度を測定することが可能です。実際にガスの種類や量によって数値が違ってくることで、その濃度を厳密に測定できるメリットが存在します。

NDIRセンサー用ランプには主に二つの光源が存在し、一つは白熱電球、もう一つはLEDとなります。一般的に光量がカギを握るとされ、白熱電球の方が光量が大きい点が存在し、その方法が測定しやすいのも事実です。
もっとも近年はNDIRセンサー用ランプにLEDを用いられ、省電力を実現できる点でも優れていますが、白熱電球よりも光量が足りない課題が見られます。ただ原理自体はほとんど同じで赤外線を放射することに変わりがないですが、精度という観点から白熱電球の方が優れているのが特徴的です。
NDIRセンサー用ランプは空気清浄器などの空調機器を始め、ガス検知器・測定機などに必要不可欠な素材で、白熱電球タイプやLEDタイプで共に幅広く用いられています。

NDIRセンサー用ランプによる排気ガス測定について

NDIRセンサー用ランプによる排気ガス測定について NDIRセンサー用ランプとは非分散型赤外ランプの略で、それぞれのガスが持つ吸収波長の領域を利用した排気ガスの濃度の測定を行うことが出来ます。そんなNDIRセンサー用ランプのメリットとしては、濃度観測の精度の良さです。ガス濃度を測定する方法は多々あるものの、それらの大多数が化学変化やセンサー自体の変化を起こすので、対象の排気ガスにも影響を及ぼしてしまいます。それらと比較すると、NDIRセンサー用ランプは対象のガスに無影響でいられるので、精度が良くなります。

ガス観測の際に光源は重要な要素となり、光量が十分に得られるものが良いとされています。その代表的な物として、白熱電球やLEDがあります。前者は大きな波長の放出出力を得ることができ、これにより吸収影響が少ない用途の時に使われます。後者はセンサーを小型化し低消費電力化をすることができ、これにより使える波長の範囲が限定的になり、個数を増やす必要が出てしまいます。ランプ使用の際はこの二つの特長を抑えておくべきです。

新着情報

◎2023/4/17

情報を追加しました。


>NDIRセンサー用ランプ の寿命と交換について
>NDIRセンサー用ランプのレンタルを利用することの利点
>NDIRセンサー用ランプの特長とメリット
>NDIRセンサー用ランプのデメリットと注意点
>NDIRセンサー用ランプのトラブルについて考える

◎2020/2/17

一般の電球との違い
の情報を更新しました。

◎2019/10/30

白熱かLEDで赤外線を放射し測定
の情報を更新しました。

◎2019/6/26

NDIRセンサー用ランプ
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

NDIRセンサー用ランプの応答速度
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRセンサー用ランプの使用環境
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「センサー 赤外線」
に関連するツイート
Twitter

Amazon ドライブレコーダー 前後カメラ 【2024新開発&1440PフルHD画質】 ドラレコ 小型 370万画素 赤外線暗視ライト 170度超広角 駐車監視 動体検知 Gセンサー 上書き録画 緊急録画 全国LED信号機対策 HDR/WDR画像補正技術 32GB SDカード付き

返信先:赤外線センサーいかれた? しばらく除湿剤と一緒にジップロック入れとくとか🤔

Amazon SwitchBot スマートリモコン ハブ2 赤外線家電を管理 スマートホーム Alexa スイッチボット 学習リモコン 温湿度計機能付き 光センサー付き リモートボタン スケジュール シーンで家電一括操作 遠隔操作 節電·省エネ Google Home IFTTT Siri Smart

Amazon SwitchBot スマートリモコン ハブ2 赤外線家電を管理 スマートホーム Alexa スイッチボット 学習リモコン 温湿度計機能付き 光センサー付き リモートボタン スケジュール シーンで家電一括操作 遠隔操作 節電·省エネ Google Home IFTTT Siri Smart