NDIRセンサー用ランプ

NDIRセンサー用ランプ いろいろな気体の濃度を知りたいという場合、ガス濃度センサー回路が構築されますが、その際に用いられる重要な部品の一つがNDIRセンサー用ランプです。NDIRとはnon-despersive infraredの略語で、非分散型赤外線という意味です。気体は、その種類に応じて特定の波長の赤外線を吸収する性質があり、どれくらいの割合の赤外線が吸収されるかというのはその気体の濃度に応じて決まります。ですから、どの波長の赤外線がどの程度吸収されたかを測定することで、そこにどんな気体がどれくらいの濃度で存在しているのかを知ることができるのです。
この測定装置において、赤外線の光源となるランプの重要性はもはや説明するまでもないでしょう。NDIRセンサー用ランプがそれに当たるわけですが、当然ながら、決まった光量の赤外線を常に揺らぎなく安定して出し続ける光源が存在してこそ、確実に気体の濃度を知ることができるわけです。

NDIRセンサー用ランプ方式でガス濃度の測定

NDIRセンサー用ランプ方式でガス濃度の測定 NDIRセンサー用ランプ方式というのは一般的にガスの濃度や一酸化炭素といった測定に使用されます。これはガスが特定の周波数の赤外線を吸収するという特性を利用したもので、各周波数の赤外線の吸収量を測って、例えばガスの濃度を測るということです。
NDIRセンサー用ランプというのは世界でもあまり取り扱っているところは少なく、高い精度が求められています。その安定性や耐久性は日本にもメーカーがあって、高い技術力によって厳しい使用環境にも耐えられるように作られているものがあります。よく自動車の排気ガスの測定や室内での酸化炭素の濃度を測定するときにも使用されています。NDIRセンサー用ランプにはいくつか条件があり、大きさや赤外線料の変動への影響などがあります。寿命や耐震、衝撃性に優れているかどうかなどいくつかニーズに合わせた製品が提供されているのです。このようにNDIRセンサー用ランプ様々な測定にも使用されています。

新着情報

◎2023/4/17

情報を追加しました。


>NDIRセンサー用ランプ の寿命と交換について
>NDIRセンサー用ランプのレンタルを利用することの利点
>NDIRセンサー用ランプの特長とメリット
>NDIRセンサー用ランプのデメリットと注意点
>NDIRセンサー用ランプのトラブルについて考える

◎2020/2/17

一般の電球との違い
の情報を更新しました。

◎2019/10/30

白熱かLEDで赤外線を放射し測定
の情報を更新しました。

◎2019/6/26

NDIRセンサー用ランプ
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

NDIRセンサー用ランプの応答速度
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRセンサー用ランプの使用環境
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「センサー ガス」
に関連するツイート
Twitter

【速報】万博協会「メタンガス」への安全対策を発表 換気設備追加し測定値を毎日公表 3月に爆発事故 協会「フルスペックの対策」(読売テレビ) > 『濃度測定』により基準値を超えた場合は、入場制限を行って追加の換気対策 センサー付近以外で爆発する?

いくらSensirionのセンサーの精度が良くても、有機溶剤のガスを当てるだけで湿度がドリフトして戻らなくなるという弱点がある。テープ類の糊、プラや梱包材の可塑剤ですら影響があるから気をつけてねって仕様書に書いてあるという。

O2センサ 排気ガス中に含まれる酸素濃度を検出するもので、この酸素濃度を検出することで空燃比が理論空燃比に対し、小さい(濃い)か、大きい(薄い)かを判断する。O2センサは、円筒状のジルコニア素子の内外面に白金をコーティングしてあり、内側は大気と、外側は排気ガスと接触できるようにな

MAPセンサー信号絶った後は排気がかなりガス臭くなったし、今までそんな臭わなかった。 という事は、リッチじゃなくリーン寄りで吹けあがり不良を起こしてるな?

返信先:MAPセンサーを外したら燃調が濃くなったのか、排気がガス臭くなりました。 今までガス臭くなかったので、今の 症状は燃調が薄くて吹けあがり不良を起こしてる線が高まったので、再度、燃料系を見てみようと思います。